サイトのリニューアルにともない、表示が崩れております。ご迷惑をおかけします。

【ゲーミングPC】ミニタワーはデメリットしかないからやめとけ

水冷式クーラー
  • URLをコピーしました!

「コンパクトで省スペースだから、ゲーミングPCのケースはミニタワーにしよう!」

なんて考えていませんか?

ミニタワーケースは、たしかにコンパクトで省スペースですが、実はデメリットのかたまりです。

この記事では、ゲーミングPCのミニタワーケースのデメリットについて、解説します。

もくじ

通気性が悪い

ミニタワーケースは、コンパクトで省スペースです。

しかし、コンパクトさの裏には『通気性が悪い』という最悪の欠点も持っています。

意外と見落としがちですが『通気性』は、ゲーミングPCの性能や寿命に直結するもの。

パソコンのパーツは、熱にとても弱いです。

PC内部に熱がこもると、パーツは熱を出さないようにするために、あえてパワーを落とします。

そうなると、パーツが本来の力を出せなくなり、パソコン全体が低スペックになってしまうのです。

また、パソコンの内部に熱がこもると、パーツが『熱暴走』を起こして壊れることも。

パーツに負荷がかからないようにするためには、パソコンの内部の通気性を良くすることがたいせつです。

ゲーミングPCのケースは、通気性を捨てたミニタワーよりも、通気性に特化したフルタワーやミドルタワーを選びましょう。

拡張性が低い

ミニタワーのゲーミングPCは、フルタワーやミドルタワーに比べるとパーツの拡張性がとても低いです。

拡張性が低くなると、選べるパーツの幅が狭くなるので、自由度が下がってしまいます。

ミニタワーとミドルタワー以上では『マザーボード』と呼ばれる基盤の規格が違うのです。

ミニタワーのマザーボードは『ATX-mini規格』ミドルタワー以上のマザーボードは『ATX規格』と呼ばれています。

ゲーミングPCのパーツの中には、ミドルタワー以上の『ATX規格』には対応していても、ミニタワーの『ATX-mini規格』には対応していないものも。

ミニタワーを選ぶと、ATX-mini規格に対応していないパーツがあるので、パーツ選びの自由度が下がります。

ゲーミングPCのケースは、パーツ選びの自由度が高いミドルタワーやフルタワーを選びましょう。

ミニタワーには致命的なデメリットがある

ミニタワーには、ゲーミングPCにとって致命的な2つのデメリットがあります。

ミニタワーのデメリット
  1. 通気性が悪い
  2. 拡張性(パーツの自由度)が低い

ゲーミングPCのケースは、通気性と拡張性に特化したミドルタワーやフルタワーを選びましょう。

水冷式クーラー

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ