【原神】行秋のビルド解説|おすすめの武器や聖遺物、チーム構成を紹介

7 min
原神 行秋 ビルド解説

行秋のビルドやチーム構成について解説します。

ぜひ、育成や高難度コンテンツ攻略にお役立てください。

行秋の天賦やステータス

はじめに、行秋のビルドを語るうえで重要な以下の3つを解説します。

  1. ステータス
  2. 命ノ星座
  3. 天賦

行秋のステータス

レベル基礎HP基礎攻撃力基礎防御力突破ボーナス
(攻撃力)
Lv.185717640%
Lv.202202431630%
Lv.404257843160%
Lv.5054201074026%
Lv.60673513349912%
Lv.70789715658512%
Lv.80906017967118%
Lv.80+951418870524%
Lv.901022220275824%

行秋のレベルは、90まで上げる価値が低いです。

行秋をレベル90まで上げても、与えるダメージや回復量に大きな変化はありません。

特に理由がないなら、行秋のレベルは80(突破済み)で止めておきましょう。

行秋の命ノ星座

  • 第1重「すだれの残香」
  • 第2重「青空の虹」
  • 第3重「詩の錦」
  • 第4重「孤舟斬蛟」
  • 第5重「雨深閉門」
  • 第6重「万文ここにあり」

行秋の命ノ星座には、強力な効果が揃っています。

無微課金ユーザーが貴重な原石を投じて凸を狙う価値は高いです。

行秋は、原神を代表するぶっ壊れキャラのひとり。

原石やスターライトに余裕があるなら、行秋の凸を狙ってみましょう。

第1重「すだれの残香」

雨すだれの剣の最大本数+1。

第2重「青空の虹」

元素爆発「古華剣・裁雨留虹」の継続時間+3秒。その他、剣雨攻撃を受けた敵の水元素耐性-15%、継続時間4秒。

第3重「詩の錦」

元素爆発「古華剣・裁雨留虹」のスキルLv.+3。最大Lv.15まで。

第4重「孤舟斬蛟」

元素爆発「古華剣・裁雨留虹」の継続中、元素スキル「古華剣・画雨籠山」の与えるダメージ+50%。

第5重「雨深閉門」

元素スキル「古華剣・画雨籠山」のスキルLv.+3。最大Lv.15まで。

第6重「万文ここにあり」

元素爆発「古華剣・裁雨留虹」が剣雨攻撃を2回発動する度に、次の剣雨攻撃が大幅に強化され、敵に命中するとき行秋の元素エネルギーを3回復する。

行秋の天賦

  • 通常攻撃「古華剣法」
  • 元素スキル「古華剣・画雨籠山」
  • 元素爆発「古華剣・裁雨留虹」
  • 固有天賦「水生みの要訣」
  • 固有天賦「虚実の筆」
  • 固有天賦「靈光突如」

知恵の冠を捧げる優先順位については、こちらの記事をご覧ください。

通常攻撃「古華剣法」

行秋は、通常攻撃をほとんど使いません。

特に理由がないなら、通常攻撃のレベルは1で止めておきましょう。

通常攻撃

剣による最大5段の連続攻撃を行う。

重撃

一定のスタミナを消費し、前方に斬撃を2回放つ。

落下攻撃

空中から落下し地面に衝撃を与える。

経路上の敵を攻撃し、落下時に範囲ダメージを与える。

レベルダメージ
(1段)
ダメージ
(2段)
ダメージ
(3段)
ダメージ
(4段)
ダメージ
(5段)
スタミナ消費
(重撃)
ダメージ
(重撃)
ダメージ
(落下期間)
ダメージ
(低空落下攻撃)
ダメージ
(高空落下攻撃)
Lv.146.6%47.6%28.6%+28.6%56.0%35.9%+35.9%20.047.3%+56.2%63.9%128%160%
Lv.250.4%51.5%30.9%+30.9%60.5%38.8%+38.8%20.051.2%+60.7%69.1%138%173%
Lv.354.2%55.4%33.2%+33.2%65.1%41.7%+41.7%20.055.0%+65.3%74.3%149%186%
Lv.459.6%60.9%36.5%+36.5%71.6%45.9%+45.9%20.060.5%+71.8%81.8%164%204%
Lv.563.4%64.8%38.8%+38.8%76.2%48.8%+48.8%20.064.4%+76.4%87.0%174%217%
Lv.667.8%69.3%41.5%+41.5%81.4%52.1%+52.1%20.068.8%+81.6%92.9%186%232%
Lv.773.7%75.3%45.2%+45.2%88.5%56.7%+56.7%20.074.8%+88.8%101%202%253%
Lv.879.7%81.4%48.8%+48.8%95.7%61.3%+61.3%20.080.9%+96.0%109.3%219%273%
Lv.985.6%87.5%52.5%+52.5%103%65.9%+65.9%20.086.9%+103%117.5%235%293%
Lv.1092.1%94.2%56.4%+56.4%111%70.9%+70.9%20.093.5%+111%126.4%253%316%
Lv.1199.6%102%61.0%+61.0%120%76.6%+76.6%20.0101%+120%135.3%271%338%

元素スキル「古華剣・画雨籠山」

元素スキル「古華剣・画雨籠山」は、行秋のダメージ源です。

元素スキルの天賦レベルは、可能な限り上げましょう。

レベル9 → 10の伸びが良いため、知恵の冠を使う価値はあります。

2段連続の攻撃を仕掛け、前方の敵に水元素ダメージを与え、出場している自身のキャラクターの周りに最大本数の「雨すだれの剣」を生成する。

「雨すだれの剣」は以下の特性を持つ。

・キャラクターが攻撃を受けるとき「雨すだれの剣」が破壊される代わりに、キャラクターが受けるダメージを減少させる。

・キャラクターの中断耐性をアップする。

行秋の水元素ダメージアップの20%分は「雨すだれの剣」のダメージ軽減効果に転換される。

最大24%のダメージ軽減効果を得られる。

「雨すだれの剣」の初期最大数は3本。

発動した瞬間、キャラクターに湿潤状態を付与する。

レベルダメージ
(スキル)
ダメージ軽減継続時間クールタイム
Lv.1168%+191%20%15秒21秒
Lv.2181%+206%21%15秒21秒
Lv.3193%+220%22%15秒21秒
Lv.4210%+239%23%15秒21秒
Lv.5223%+253%24%15秒21秒
Lv.6235%+268%25%15秒21秒
Lv.7252%+287%26%15秒21秒
Lv.8269%+306%27%15秒21秒
Lv.9286%+325%28%15秒21秒
Lv.10302%+344%29%15秒21秒
Lv.11319%+363%29%15秒21秒
Lv.12336%+382%29%15秒21秒
Lv.13357%+406%29% 15秒 21秒

元素爆発「古華剣・裁雨留虹」

元素爆発「古華剣・裁雨留虹」は、行秋の主なダメージ源です。

元素爆発の天賦レベルは、可能な限り上げましょう。

レベル9 → 10の伸びが良いため、知恵の冠を使う価値はあります。

虹剣勢を展開し、幻影の剣雨を使い、キャラクターに最大数の雨すだれの剣を付与する。

虹剣勢
  • 出場している自身のキャラクターの通常攻撃時に剣雨攻撃を発動し、水元素ダメージを与える。
  • 雨すだれの剣の数は終始最大数をキープする。
レベルダメージ
(剣雨)
継続時間クールタイム元素エネルギー
Lv.154.3%15秒20秒80
Lv.258.3%15秒20秒80
Lv.362.4%15秒20秒80
Lv.467.8%15秒20秒80
Lv.571.9%15秒20秒80
Lv.676.0%15秒20秒80
Lv.781.4%15秒20秒80
Lv.886.8%15秒20秒80
Lv.992.3%15秒20秒80
Lv.1097.7%15秒20秒80
Lv.11103.0%15秒20秒80
Lv.12109.0%15秒20秒80
Lv.13115.0%15秒20秒80

固有天賦

  • 固有天賦「水生みの要訣」
  • 固有天賦「虚実の筆」
  • 固有天賦「靈光突如」
固有天賦「水生みの要訣」

雨すだれの剣が破壊、または継続時間終了時に、キャラクターのHPを行秋のHP上限の6%分回復する。

固有天賦「虚実の筆」

行秋の水元素ダメージ+20%。

固有天賦「靈光突如」

キャラクター天賦素材を合成するとき、25%の確率で一部の材料が返還される。

行秋のビルド

行秋の運用は、サブアタッカービルドをおすすめします。

行秋のサブアタッカービルドは、元素爆発で控えから水元素ダメージを与えるビルドです。

行秋は水元素の付着性能が高く、蒸発や感電、超開花など幅広い編成で活躍します。

行秋は味方に中断耐性と被ダメージ減少を与えることができ、防御サポートも特徴です。

ライバルの夜蘭は攻撃サポートに特化しており、特に中断耐性は行秋のアドバンテージになります。

行秋におすすめの武器

行秋におすすめの武器は、以下の3つです。

  1. 祭礼の剣(★4)
  2. 西風剣(★4)
  3. サーンドルの渡し守(★4)

祭礼の剣(★4)

祭礼の剣
入手方法
  • 通常祈願(ガチャ)
  • イベント祈願(限定ガチャ)
レベル基礎攻撃力元素チャージ効率
Lv.14113.3%
Lv.209923.6%
Lv.4018434.3%
Lv.5023839.7%
Lv.6029345.1%
Lv.7034750.5%
Lv.8040155.9%
Lv.9045461.3%
落ち着き

元素スキルが敵にダメージを与えた時、X%の確率で該当スキルのクールタイムをリセットする。Y秒毎に1回のみ発動可能。

ランク発動率 X発動間隔 Y
140%30秒
250%26秒
360%22秒
470%19秒
580%16秒

西風剣(★4)

西風剣
入手方法
  • 通常祈願(ガチャ)
  • イベント祈願(限定ガチャ)
レベル基礎攻撃力元素チャージ効率
Lv.14113.3%
Lv.209923.6%
Lv.4018434.3%
Lv.5023839.7%
Lv.6029345.1%
Lv.7034750.5%
Lv.8040155.9%
Lv.9045461.3%
風の赴くままに

会心攻撃をしたとき、X%の確率で少量の元素粒子を生成し、元素エネルギーを6回復する。Y秒毎に1回のみ発動可能。

ランク発動率 X発動間隔 Y
160%12秒
270%10.5秒
380%9秒
490%7.5秒
5100%6秒

サーンドルの渡し守(★4)

サーンドルの渡し守
入手方法

フォンテーヌ釣り協会

レベル攻撃力元素チャージ効率
Lv.14210%
Lv.2010917.7%
Lv.4020525.8%
Lv.5026629.8%
Lv.6032733.8%
Lv.7038837.9%
Lv.8044941.9%
Lv.9051045.9%
鉄のような気骨

元素スキルの会心率+X%。

また、元素スキルを発動した後の5秒間、元素チャージ効率+Y%。

ランク会心率 X元素チャージ効率 Y
18%16%
210%20%
312%24%
414%28%
516%32%

行秋におすすめの聖遺物

行秋におすすめの聖遺物は、絶縁の旗印4セットです。

絶縁の旗印4セットは、元素爆発の回転率を上げると同時に与えるダメージも強化します。

行秋に必要なすべての要素を備えており、絶縁の旗印4セットはこの上ない選択肢です。

絶縁の旗印4セット

絶縁の旗印
2セット効果

元素チャージ効率+20%。

4セット効果

元素チャージ効率の25%を基準に、元素爆発のダメージがアップする。この方式でアップできるダメージは最大75%まで。

メインステータス

部位メインステータス
時の砂元素チャージ効率
空の杯水元素ダメージバフ
理の冠会心率 or 会心ダメージ

クールタイム毎に元素爆発を発動すると仮定

武器5凸以下6凸
西風剣220%180%
祭礼の剣180%150%
その他260%220%

サブステータス

優先順位サブステータス
1会心系
2攻撃力%
3元素チャージ効率

クールタイム毎に元素爆発を発動すると仮定

武器5凸以下6凸
西風剣220%180%
祭礼の剣180%150%
その他260%220%

行秋の立ち回り

行秋の立ち回りは、以下の2通りです。

  1. 元素爆発で水元素ダメージを与える
  2. 元素スキルで水元素粒子を生成する

元素爆発で水元素ダメージを与える

行秋の元素爆発「古華剣・裁雨留虹」は、通常攻撃に連動する剣雨攻撃が特徴です。

剣雨攻撃は出場キャラが通常攻撃を振るたびに発動し、敵に水元素ダメージを与えます。

剣雨攻撃で敵に水元素を付着させ、炎元素や雷元素、草元素の攻撃で元素反応を起こしましょう。

剣雨攻撃は1秒に1回の制限があるため、通常攻撃の速度を上げても意味がない点には注意してください。

元素スキルで水元素粒子を生成する

ダメージ源を元素爆発に依存している行秋は、元素爆発の回転率が重要です。

クールタイム毎に元素スキル「古華剣・画雨籠山」を発動し、水元素粒子を生成しましょう。

「古華剣・画雨籠山」には元素スキルとは思えないほどの火力があり、与えるダメージも馬鹿にできません。

空振りすると水元素粒子を生成できないため、敵に密着した状態で発動してください。

行秋のチーム構成

「通常攻撃に連動してダメージを与える」という特性上、行秋と相性の良いキャラクターは多いです。

特に相性の良いキャラをピックアップし、高難度コンテンツ「深境螺旋」の攻略に使えるチーム構成を紹介します。

  • 行秋+ディルック
  • 行秋+夜蘭+胡桃+鍾離
  • 行秋+香菱+ベネット+雷電将軍
  • 行秋+ナヒーダ+久岐忍+セノ
  • 行秋+ナヒーダ+トーマ+神里綾人

行秋+ディルック

行秋 ディルック

上記は、行秋の元素爆発で水元素を付着させ、ディルックの元素スキルで蒸発ダメージを与えるチーム構成です。

元素爆発で炎元素付与を獲得するディルックは、通常攻撃もダメージ源になります。

ディルックの通常攻撃で炎元素ダメージを与えながら、行秋の剣雨攻撃で水元素ダメージを与えましょう。

上記の構成はコンボパーツが行秋とディルックのみのため、カスタマイズの幅が広い点が特徴です。

行秋+夜蘭+胡桃+鍾離

行秋 夜蘭 胡桃 鍾離

上記は、行秋と夜蘭の元素爆発で水元素を付着させ、胡桃の重撃で蒸発ダメージを与えるチーム構成です。

行秋と夜蘭では付着が過剰になりますが、水元素共鳴が発動し、チーム全員のHPを20%増やせます。

元素共鳴「治療の水」

炎元素付着の継続時間-40%。

HP上限+25%。

胡桃はHP上限が増えるほど攻撃力アップの効果も大きくなるため、水元素共鳴の恩恵が大きいです。

夜蘭と鍾離もHP上限が重要な天賦を持っており、水元素共鳴の効果は無視できません。

行秋+香菱+ベネット+雷電将軍

上記は、行秋と雷電将軍で感電ダメージを与え、香菱の元素爆発で蒸発反応と過負荷反応を起こすチーム構成です。

感電状態の敵に炎元素を当てると蒸発と過負荷が起こることから「Overvape」と呼ばれています。(Overload+Vaporize)

味方の元素エネルギーを回復する過程で通常攻撃を振る雷電将軍は、通常攻撃が主なダメージ源です。

元素爆発「古華剣・裁雨留虹」の回転率を上げることもでき、相性の良いキャラクターのひとりに挙げられます。

行秋+ナヒーダ+久岐忍+セノ

行秋 ナヒーダ 久岐忍 セノ

上記は、行秋とナヒーダで草原核を生成し、久岐忍とセノで超開花反応を起こすチーム構成です。

通常攻撃が主なダメージ源であるセノは中断耐性も低く、行秋のサポート性能を活かすことができます。

夜蘭はセノに中断耐性を付与できないため、セノと組み合わせるなら行秋が断然おすすめです。

行秋+ナヒーダ+トーマ+神里綾人

行秋 ナヒーダ トーマ 神里綾人

上記は、行秋とナヒーダで草原核を生成し、トーマの元素爆発で烈開花反応を起こすチーム構成です。

トーマの元素爆発も「古華剣・裁雨留虹」と同じ特性を持っており、通常攻撃に連動して炎元素ダメージを与えます。

トーマの烈炎侍立シールドは耐久値が低く、被ダメージ減少を付与する行秋と相性が良いです。

行秋は2凸で敵の水元素耐性を下げることができ、水元素アタッカーのサポートもできます。

元素スキルで特殊な通常攻撃を発動する神里綾人は、行秋と相性が良い水元素アタッカーです。

神里綾人も前述のセノと同じく中断耐性が低く設定されており、行秋の中断耐性アップが欠かせません。

神里綾人とトーマから成る烈開花構成は、行秋の性能を余すことなく活かせるチーム構成といえます。

JIN

JIN

こじらせデバイスマニア。
FPSとアクションが好き。
ゲーミングPC初心者に向けたPCの解説、ゲーミングデバイスの解説・レビュー、ハマっているゲームの攻略を発信中。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事